[攻略] 4つのタイプとバランスの良いチーム編成について解説!

[攻略] 4つのタイプとバランスの良いチーム編成について解説!

4種類のタイプの違いについて知ろう

『BLUSTONE』のハンターには攻撃手、防御手、爆撃手、ヘルパー4種類のタイプがあり、それぞれバトル中に可能な行動が少しずつ違います

序盤はそこまで気にしなくてもクリアできるクエストが多いですが、役割を知るということは無駄なく効率的な育成方針にも繋がりますので、早めに覚えておきましょう。

基本は1種類ずつ編成

ざっくり説明すると、攻撃手と防御手はバトルフィールドで戦うのが得意ないわゆる前衛タイプ爆撃手とヘルパーは飛行船内からスキルで戦うのが得意な後衛タイプだと思っておけば覚えやすいと思います。

クエストによって変わりますが、基本は4人で編成を組むことが多いので、属性を見つつまずは4種類を1人ずつ編成すると良いでしょう。

具体的な各タイプの特徴と編成時のコツ・注意点は以下のとおりです。

各クラスの個別解説

攻撃手

主にバトルフィールドで戦い、敵からの攻撃を受けつつ通常攻撃していく役目。飛行船内からもスキルを使うことができ、その場合はバトルフィールドのハンターと入れ替わることができます。

基本的には、攻撃手と防御手を併せて2人を編成し、敵の属性か、残りHPに応じて道中とボス戦で入れ替えると良いでしょう。

防御手

基本的には攻撃手と同じ特徴ですがこちらは耐久力が高めになります。

そのため、ボス戦まで攻撃手のHPを温存しつつアンガゲージをためる運用や、制限時間ギリギリで入れ替えることで粘り強く戦うことも可能です。

また、ファイトクラブのディフェンスチームでは、防御手を多めに編成しておくと時間切れを狙いやすくなります。

爆撃手

スキル攻撃要員です。

スキルのダメージ量が攻撃手を上回る火力の要ですが、飛行船内でないと使えないため最後までバトルフィールドには出さないほうが良いでしょう。

ヘルパー

スキルによる回復要員です。

爆撃手と同じく飛行船内でしかスキルを使えません。

そして、直接攻撃したりダメージを受け止めることは少ないので、敵の属性にかかわらず編成しやすいのが強みです。