[攻略] 探検ステージ「エリア100」の攻略ポイントを紹介!

[攻略] 探検ステージ「エリア100」の攻略ポイントを紹介!

『Blustone』をはじめて間もない方が苦戦しやすい探検ステージの「オオカミの口の奥地」にある「エリア100」の攻略ポイントを紹介します。相手メンバーの総戦闘力や属性、スキルを使用するタイミングなど、ステージをクリアする際の参考にしてください。

【攻略ポイント】

  • 相手ハンターの総戦闘力をチェックしよう
  • 出現してくるハンターの流れを把握
  • 一番強い相手ハンターの属性に合わせたチーム編成
  • 相手の属性が変わるタイミングで攻撃手or守備手のスキルを使用!

ステージの特徴を把握しよう

苦戦しているステージでは基本的な情報を知ることがクリアへの近道になります。

また、ステージには味方メンバーと相手メンバーの戦闘力がバトルの準備画面にて分かるようになっており、ここの戦闘力が相手よりも上回ることが1つのクリアへの指標になります。

しかしながら、この戦闘力は絶対的な数値ではなく、相手メンバーの属性などによってバトルにおいての有利不利が変化していくため、より安定したクリアを目指すなら、そのステージに適した属性を持つハンターを軸にチームを作るのがおすすめです。

相手ハンターの属性について

このステージでは、電撃・冷気・火炎の全ての属性のハンターが登場します。その中でも赤い枠線で囲んだLv20の火炎属性の相手ハンターが頭1つ抜けて強いのが特徴です。

バトルではここのマッチアップが一番重要な部分となるため、ここの戦闘が有利になるようなチームを編成を意識しましょう。

出てくるハンターの流れを把握しよう


バトルが始まるとしばらくは電撃属性のハンターが続くため、味方ハンターのトップには火炎属性のハンターをセットしておくのが効果的です。その後の流れは冷気属性のハンター、そしてLv.20の火炎属性のハンターとLv.15の電撃属性のハンターが待ち構えている「WARNING!!」へと続きます。

倒すのに時間がかかりすぎると、味方ハンターが変えられなくなる可能性があるので、一番倒すのに時間がかかる火炎属性のハンターとマッチアップする冷気属性のハンターだけはより攻撃性の高い攻撃手にしておくのがいいでしょう。

属性が変わるタイミングでスキル発動

味方ハンターを入れ替えるタイミングとしては、相手ハンターの属性が変化するタイミングを狙うのがおすすめです。攻撃手と防御手のハンターはスキル発動と同時に場に出てくるため、時間のロスがなく、効率的に相手ハンターを倒し続けられます。

特に意識したいタイミングは2箇所で、最初のハンターが電撃から冷気属性に移るところと、「WARNING!!」とに切り替わるところになります。上手く味方ハンターを切り替えることで、効率的にステージをクリアしていきましょう。

おすすめの構成例

おすすめの構成としては先頭に火炎属性の守備手か攻撃手交代枠に冷気属性の攻撃手電撃属性の守備手か攻撃手属性問わずヘルパー1体が最も安定する形です。

より攻撃的にしたいのであれば、オーニソプターから攻撃できる冷気属性の爆撃手を混ぜても良いかもしれません。

▼タイプについては以下の攻略記事をチェック

[攻略] 4つのタイプとバランスの良いチーム編成について解説!

それでもクリアできない場合はハンターを育成しよう

それでもクリアできない方は、施設のジムなどを利用して、ハンターのレアリティやLvを上げたりなどして、チームの戦力を底上げしていきましょう。冷気属性の攻撃手のハンターがいれば重点的に育てるのが良さそうです。

▼ハンターの育成については以下の攻略記事をチェック!

【施設紹介】ジムについて