[攻略] 残したいハンターと資源に使えるハンターの線引について解説

[攻略] 残したいハンターと資源に使えるハンターの線引について解説

育成のために残しておきたいハンターと、資源にしてしまっても問題ないハンターの線引について解説します。

ゲームの進行状況によっても変わりますが、ハンター所持枠が足りなくなって困ってる方や、貴重なハンターを資源にしてしまって後悔しないよう、以下の内容をチェックしておきましょう。

【攻略ポイント】

  • ★3以上は原則キープ
  • ★2以下は他ハンターの育成状況と相談
  • 同ハンター8人目からは資源に

★3以上のハンターはなるべくキープ

召集時の初期ランクが★3、★4のハンターはチームの主力となることが多いので、同名を2人以上召集した、同属性・同タイプのハンターを持っているという場合でも、まずはとっておくのがおすすめです。

まだ、戦力が揃いきっていない初心者の方はもちろん、ある程度戦力が揃ってきた方でも、後々キャパ超越の状況などで主力が入れ替わることもあるので、今後のために残しておくのが良いでしょう。

★2以下は他ハンターの育成状況に応じて

召集時の初期ランクが★2以下のハンターについては、まだ他に育てていないタイプ・属性など、チームにすぐ必要だと思ったときは育てておきましょう。
そうでないときは、よりランクの高いハンターを優先、場合によってはそのハンターのための資源にするのがおすすめです。

★2以下のハンターについては、失踪ハンター捜索などで入手機会も多いので、思い切ってしまっても良いでしょう。

同名ハンターの8人目からは資源に

キャパ超越がもうできくなる、8人目のハンターからは★ランクにかかわらず資源にするのがおすすめです。

★3以上であれば、探偵社で開放して、チュウコイン★2以下であれば、一括ランクアップなどで★3にしておき、他のハンターのランクアップ素材にするか、トレーニング相手にするのが良いでしょう。

▼関連記事
【施設紹介】探偵社