[攻略] おすすめ守備手ハンターと活躍場所を紹介

[攻略] おすすめ守備手ハンターと活躍場所を紹介

★3ハンターを中心に、ファイトクラブ、蜃気楼遺跡、エリア攻略などで活躍する守備手を紹介します。

なお、あまりアクティブスキルを発動しない守備手は、基本的な守備ステータスやパッシブスキルが重要です。また、直接ダメージを受ける前衛役なので、ある程度属性を分けて育成するのがおすすめとなります。育成するハンターを選ぶ時の参考にしてみてください。

▼関連記事
おすすめの攻撃手
おすすめの爆撃手
おすすめのヘルパー

航空整備士「ジュノ」(火炎)

ジュノは、守備性能を含めて総合的な戦闘力が非常に高いハンターです。
スキルも守備的で、シンプルに守備手として高性能となります。

アクティブスキルで半永久的な防御デバフを付与できるので、硬いボス的相手にも有効です。攻撃手や爆撃手の攻撃前に発動し、効果的に攻撃が通るようにできます。

鋼鉄のレヴェナント「カリバー」(火炎)


カリバーは、ジュノに続いて防御力などの性能が高いです。また、気絶無効も持ち合わせているため、HPギリギリのところで攻撃手と入れ替えることも狙えます。

なお、守備手の中では攻撃力が高く、スキルのダメージ量も多いですが、デメリットには注意。守備手なのであまり気にならない点ではありますが、スキルを使うときはなるべく相手1人を倒し切れる時を狙いましょう

伝説の厄介者「ネネ」(冷気)

冷気属性の守備手の中で、もっとも癖が無く使いやすいのがネネです。
2種類の防御系パッシブスキルを持ち、見た目よりもステータスを伸ばせます。

また、アクティブスキルに相手への気絶と自然回復、弱体無効の効果があり、弱体スキルを持った相手への対策としても使えます。

鋼のボディガード「カイン」(電撃)

カインは、高めの守備ステータスに加えて気絶無効を持ち合わせており、ファイトクラブのディフェンスチームを中心としてあらゆる場面で強力です。
また、属性抵抗を上げるパッシブスキルを持っており、全属性相手に防御性能を発揮できるのも魅力となります。

特に、対策しにくい性能ゆえに敵に回った時に厄介です。アクティブスキルも追加ダメージが発動すると大きな痛手となりえますので、ファイトクラブや蜃気楼遺跡の深部では意識しておきましょう。